• ホーム
  • ヘルペスの再発を予防するためにバルトレックスを常備しよう!

ヘルペスの再発を予防するためにバルトレックスを常備しよう!

2019年12月06日
考えている女性

性器ヘルペスは日本でも感染している人が多い病気で、口唇ヘルペスと性器ヘルペスは同じ単純ヘルペスウイルスが原因になります。
そのため口唇ヘルペスを発症している状態でオーラルセックスをすると、性器に感染してしまうのです。

ヘルペスは完治することはなく、症状が治まってもヘルペスウイルスは腰仙骨神経節に潜り込み、何らかのきっかけがあると何度でも再発してしまうのです。
同じように水疱瘡のウイルスも体の中に潜んでいます。そのため何年も経ってから再発してしまうのです。
これが帯状疱疹で、帯状に水ぶくれができます。
帯状疱疹は神経を通って再発してしまうので、後遺症として痛みが残りやすいという特徴があります。
一見すると他のヘルペスと区別がつきにくいので、素人判断で考えずに病院に行った方が安心です。
性器ヘルペスは性器に、口唇ヘルペスは口の周りに小さな水ぶくれができます。
この水ぶくれの中にはウイルスが詰まっていて、これが割れて潰瘍やかさぶたになって治っていきます。
口唇ヘルペスは口周りにぽつぽつと赤い出来物ができたように見え、ニキビだと勘違いしがちですが、実際には口唇ヘルペスということが多く、気付かないでうつしてしまうこともあります。

ヘルペスを治療する時に利用されるのが主成分がバラシクロビルのバルトレックスという治療薬になります。
バラシクロビルにはウイルスを殺す能力はなく、増殖を抑える効果があるのです。
バラシクロビルは体内に取り込まれるとアシクロビルという成分に変わり、それをウイルスが取り込むことによってDNAの複製ができなくなってしまうのです。
それによって増殖するのを防ぎ、体内で増殖した分は免疫機能が排除してくれます。
しかし、ウイルスが増殖しきった状態で服用しても全く意味はありません。
ヘルペスは再発する前にむずむずするような違和感を感じることが多いです。
そのタイミングで服用すれば再発する前に予防することができますし、症状が出ても軽度で済ませることができます。

ヘルペスはほぼ確実に再発する病気です。
1年以内に8割が再発すると言われている程です。
そのためバルトレックスを常備しておきたいところとは言っても病院では必要な分しか処方してくれません。
しかし、治療薬は再発して6時間以内に服用しなければいけないという矛盾があるのです。
そのため個人輸入通販で常備しておくことをおすすめします。
バルトレックスを通販で買う方法をまとめたサイトもあるため、初めての方でも安心です。