心配している女性たち
白い錠剤

多くの女性がなったことのあるカンジダ。強いかゆみが特徴的で、我慢するのが大変な性病になります。

カンジダは女性の膣に存在しているカンジダ菌が原因なので、絶対に発症しないとは言えません。そのためいつなってもおかしくないのです。それこそ明日に発症しておかしくありませんし、性器がかゆい時には可能性があります。

しかし他にも性病で性器にかゆみを感じることもあるので、自分でも判断できるように症状を押さえておきましょう。

カンジダの治療薬はどこで手に入れることができるのか?

元々、女性の膣内には様々な常在菌が存在しています。通常は善玉菌と言われているデーデルライン桿菌のような乳酸菌が多いので、膣内は健やかに保たれています。しかし、何らかのきっかけがあると、それが原因で発症してしまうことがあるのです。

その何らかのきっかけとしてストレスが原因と言われています。ストレスを溜めると健康上良くないと言われていますが、何故ストレスが良くないのでしょうか。それはストレスを感じることによって負荷がかかり、通常であれば体を保護するために生産されるものが生産されなくなるからです。それによって免疫力が下がってしまい、発症しやすくなってしまうのです。

通常であれば膣内はバランスを保っているのですが、ストレスがあって免疫力が低下するとカンジダ菌が異常増殖してしまいます。そうすると症状が出てしまうのです。他にも、抗生物質を服用しているのも原因になり得ます。抗生物質を服用しているのは何らかのウイルスや細菌を殺そうとしているからなのですが、それは善玉菌にも効果が出てしまうのです。そうすると相対的にカンジダ菌が多くなってしまうことがあるのです。

カンジダは性器の強いかゆみとカッテージチーズ状のぽろぽろとしたおりものが特徴的です。男性の場合には尿道炎を引き起こしたり、亀頭に白いカスが付いたりします。男性は性器が皮膚で覆われているため、菌が付着しても流れやすく感染しにくい傾向にあります。しかし、包皮があるとその中は不衛生になるため、そこで菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。そのため亀頭周辺に症状が出ることが多いです。

カンジダは免疫力の低下で発症することが多いので、免疫力が回復すると自然治癒することがあります。例えば生理で免疫力が低下していただけであれば、生理が終わると同時に治ってしまうことも多いです。ですが、強いかゆみをずっと我慢するのはかなり大変です。掻いてしまうと、そのま掻き壊して潰瘍になって痛みが強くなってしまうこともあります。そうなると日常生活にも支障が出てしまうので、できれば治療薬を利用することをおすすめします。治療薬は市販でも販売されているものもありますが、あまり数は多くありません。そのため通常は、病院に行って処方して貰う形になります。

女性の場合にはエンペシド膣錠を処方されることが多いです。膣錠は1日1回利用するタイプと1回で良いものがあるので、相談してみましょう。男性の場合にはエンペシドクリームを処方されます。女性でもエンペシドクリームを処方されることがありますが、それは外性器の場合のみです。症状が膣内部の場合には、エンペシドクリームは利用できません。最近では経口薬の治療薬も認められています。膣錠だと毎日入れるのが大変というのであれば経口薬にできるか医師に相談することをおすすめします。
市販薬として販売されているものにはエンペシドはありません。市販されているものはオキシコナゾールというエンペシドに良く似た働きをする成分が配合されており、効果は同等なので、再発をしてすぐにでも何とかしたいという時におすすめです。

カンジダの恐ろしいことは常在菌として常に膣内に存在している菌が原因のため、いつでも、何度でも再発し得るという点です。再発を予防するためには発症しにくい体づくりと環境づくりをすることが欠かせません。
再発を予防するための体づくりなら、まず免疫力を上げることが必要不可欠です。ストレスを溜めないことは勿論ですが、バランスの取れた食事や睡眠を取ると言った生活習慣の見直しが必要です。もちろん下着やタオルは清潔なものを使うことが大事です。雑菌だらけだと他の病気になってしまうこともあるので、家族で共有したり使い回したりするのは止めましょう。
清潔に保つために性器を石鹸で洗っている人もいるかもしれませんが、それも絶対的にNG行為になります。石鹸はアルカリ性なので酸性の乳酸菌が死滅してしまい、本来膣が持っていた自浄作用が上手く機能せず、却って不潔になってしまうのです。もしも気になるのであれば、膣専用の石鹸を使用するようにしましょう。

他にも高温多湿の環境だとより繁殖しやすくなります。特に夏場は蒸れやすいので、蒸れやすい下着を避けたり、風通しの良い素材のものを履くようにするようにします。特におりものシートや生理用ナプキンを使用している時には蒸れやすいので、こまめに交換して、清潔な環境を保ちましょう。